2009年01月18日

乳化剤とは

表示のための一括名としては、「乳化剤とは、食品に乳化、分散、浸透、洗浄、起泡、消泡、離型などの目的で使用される添加物やその製剤」と定義されています。

乳化剤とは、本来は油と水のように混じり合わない2種の液体の界面に配列して、安定な乳化液を作るのに役立つ物質を指し、分子内に親油性基と親水性基を有する界面活性剤の一種です。食品用乳化剤も混じり合わない固体-液体、液体-液体、液体-気体などあらゆる界面に吸着して作用し、性質を変化させる機能を持っています。そこで乳化剤は単に乳化作用だけでなく、分散、浸透、洗浄、起泡、消泡、離型などの複数の作用があり、色々な用途に使用されています。さらに食品用乳化剤は、でんぷんやたん白質自体とも強固に作用してその性質をかえるので、多くのでんぷん食品やたん白食品の製造や品質改良に使用されています。

乳化剤として多量に使われているものには、指定添加物のグリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、ステアロイル乳化カルシウムや、既存添加物のレシチン類やサポニン類などがあります。

なお、表示の一括名「乳化剤」の範囲には、プロセスチーズとその加工品やチーズフードの乳化を安定化するのに使われるリン酸塩類も含まれます。
posted by valin at 21:41| Comment(0) | 食品添加物 −な行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

軟化剤(チューインガム)とは

軟化剤とは「チューインガムの柔軟性を保つ目的で添加、使用される食品添加物とその製剤」と定義されています。

チューインガムは冬場など寒くなると硬くなってしまいます。そこで、これを防ぎ、冬場でもガムを柔らかく保つために添加されるもので、グリセリン、プロピレングリコール、D−ソルビトールがあります。これらを使用した場合は「軟化剤」と表示します。

諸外国のチューインガムには「Softner」と表示されています。
posted by valin at 23:00| Comment(0) | 食品添加物 −な行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

苦味料とは

苦味料は、食品に、味の1つである「苦味(にがみ)」をつける目的で使用される食品添加物類を一括して表示するための名称です。

一括名の調味料や酸味料と異なる点は、「苦味料」に含まれる食品添加物が、ホップの苦味の素であるイソアルファー苦味酸(既存添加物)やホップ抽出物(通常食品:一般飲食物添加物)、茶やコーヒーに含まれるカフェイン(抽出物)などの天然系の添加物に限られていることです。
posted by valin at 19:17| Comment(0) | 食品添加物 −な行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。