2009年07月08日

表示の省略

@栄養強化の目的で使用される添加物
A加工助剤
Bキャリーオーバー
のいずれかの場合は、表示を省略することができる。

@栄養強化の目的で使用される添加物
栄養強化の目的で使用されることが考えられる添加物の範囲は、表1の栄養強化欄に○印の表示があるもの並びに表2及び表4の用途欄に「強化剤」の記載があるものである。
ただし、栄養強化の目的が考えられる添加物であっても、栄養強化以外の目的で使用する場合は、物質名を表示しなければならない。
なお、調製粉乳及び個別に品表基が設けられた品目の一部については、栄養強化の目的で使用されるものであっても、他の食品添加物と同様に主要な混合物として表示しなければならない。

A加工助剤
加工助剤とは、食品の加工の際に添加されるものであって、次のいずれかに該当するものをいう。
ア. 当該食品の完成前に除去されるもの
イ. 当該食品の原材料に起因してその食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量を明らかに増加させるものでないこと
ウ. 当該食品中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該食品に及ぼさないもの

Bキャリーオーバー
キャリーオーバーとは、食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されない物であって、当該食品中には、当該物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないものをいう。原材料に由来する添加物については、それが主要原材料か否かにかかわらず、キャリーオーバーに該当する場合は、表示が免除される。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。