2009年05月25日

簡略名による表示

1)一般に広く使用されている名称(簡略名または類別名)を有する添加物にあっては、その名称をもって表示することができます。
例:L−アスコルビン酸ナトリウム ⇒ アスコルビン酸Na、ビタミンC、V.C
  ベニコウジ色素 ⇒ 紅麹、モナスカス

2)同種の機能の添加物を併用する場合は、次に掲げる例示に従い、簡略化した表示を用いることができます。

 a.同種の添加物の酸および塩を使用した場合
併用する物質名:簡略名
安息香酸および安息香酸ナトリウム:安息香酸(Na)
クエン酸およびクエン酸ナトリウム:クエン酸(Na)
ソルビン酸およびソルビン酸カリウム:ソルビン酸(K)
乳酸、乳酸ナトリウムおよび乳酸カルシウム:乳酸(Na、Ca)
氷酢酸および酢酸ナトリウム:酢酸(Na)
リン酸およびリン酸三ナトリウム:リン酸(Na)

 b.同種の添加物の塩を併用した場合
併用する物質名:簡略名
DL‐酒石酸水素カリウムおよびDL‐酒石酸ナトリウム:酒石酸塩(K、Na)
ステアリン酸カルシウムおよびステアリン酸マグネシウム:ステアリン酸(Ca、Mg)
炭酸ナトリウムおよび炭酸マグネシウム:炭酸塩(Na、Mg)
ピロリン酸二水素カルシウムおよびピロリン酸四ナトリウム:リン酸塩(Ca、Na)
ポリリン酸カリウムおよびメタリン酸カリウム:リン酸塩(K)
ピロリン酸四ナトリウムおよびポリリン酸ナトリウム:リン酸塩(Na)
ピロリン酸四ナトリムおよびメタリン酸カリウム:リン酸塩(Na、K)
フェロシアン化カリウムおよびフェロシアン化ナトリウム:フェロシアン化物(K、Na)

3)表2(既存添加物名簿収載品目リスト)および表4(一般飲食物添加物品目リスト)の用途欄に増粘安定剤と記載された多糖類を2種以上併用した場合には、簡略名として「増粘多糖類」を使用することができます。

4)平成20年10月の食品衛生法施行規則の改正により添加物扱いとなった「加工デンプン」は、それまで食品として「加工でんぷん」等と表記されてきた経緯から、簡略名として「加工デンプン」と表記することができます。なお、物質名または簡略名の表示は、食品衛生法規則別表第1、既存添加物名簿、食品衛生法に基づく添加物の表示等について(通知)等に掲げる名称のとおりに表示することが原則ですが、食品関係営業者および一般消費者に誤解を与えない範囲内で平仮名、片仮名、漢字を用いても差し支えないとされていることから、「加工でんぷん」、「加工でん粉」、「加工澱粉」との表示も可能です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。