2009年04月30日

日持向上剤とは

食品の多くは保存することによりその栄養価が落ちたり、腐敗や酸化による変質のために、食用に適さなくなる傾向にあります。このような劣化を防ぐ目的で、保存料や酸化防止剤などが使用されています。

生鮮食品や一部の加工食品などでは、保存料を使用して長期間保存ができるようにするのは問題もありますが、あと数日でも有効期限が延びれば無駄に廃棄することもなくなりという場合もあります。このような短期間の日持ちをよくするために使用されるものが日持向上剤です。ただし、日持向上剤は一括名ではないため、加工食品などでの食品添加物の表示においては、物質名で表示することとされています。

日持向上剤として使用される主な食品添加物には、酢酸、酢酸ナトリウム、アミノ酸のグリシン、ビタミンのチアミンラウリル硫酸塩、グリセリン脂肪酸エステルのうちグリセリンラウリン酸エステルなどのグリセリン中鎖脂肪酸エステル、既存添加物のイチジク葉抽出物、チャ抽出物、酵素のリゾチーム、モウソウチク抽出物など、通常食品であるエタノール(発酵法で作られたものに限る)などがあります。

posted by valin at 23:10| Comment(0) | 食品添加物 −は行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。