2009年04月24日

食品衛生法とは

終戦直後の食糧危機の時代に、食品からの事故の発生を防ぎ、国民の健康を維持するために、明治以来公布されていた食品衛生に関する色々の法律を統合したのが「食品衛生法」で、昭和22年に公布されました(昭和22.12.24.法律第233号)。この法律は「飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、公衆衛生上の向上と増進に寄与する」ことを目的としており、食品、食品添加物の他、容器包装、乳幼児用のおもちゃから食品用洗浄剤等まで、公衆衛生上の安全を確保するために広範囲のものを含んでいます。

食品添加物もこの法律で定義されたが、昭和30年に起きたヒ素ミルク事件を契機に、昭和32年に化学的合成品の定義の新設や、食品添加物公定書の作成など規格基準が整備され(昭和32.6.15)、ほぼ現在の形になりました。その後も一部の改正が繰り返されたが、平成7年春に食品添加物における化学的合成品の定義が削除され、合成品や天然品の区別がなくなり、全ての食品添加物に指定制度が適用されることになりました(平成7.5.24.法律第101号)。

これにより長年合成添加物のみを規制してきた日本の独自の制度も改正されて、食品添加物は国際的に整合性がとられるようになりました。

posted by valin at 20:03| Comment(0) | 食品添加物 −さ行ー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。