2009年04月15日

2-メチルブチルアルデヒド <速報>

香料2-メチルブチルアルデヒドの食品添加物指定について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会はH21.3月24日に審議し、食品安全委員会の評価結果である、食品の着香の目的で使用する場合、安全性に懸念がない、との答申を受け、これを了承しました。

2-メチルブチルアルデヒドは、果実等に天然に存在する他、焙煎や加熱調理されたピーナッツ、ポテトチップ等に含まれる成分で、欧米では焼き菓子などの加工食品で香りを再現し、風味を向上させるために添加されています。摂取量の推計では、1995年の米国・欧州での1人1日あたりの推定摂取量はそれぞれ2.0μg、4.5μgです。日本の推定摂取量は、おおよそ2.0μgから4.5μgの範囲に推定されます。指定にあたり、成分規格が設定されました。
【関連する記事】
posted by valin at 21:04| Comment(0) | 食品添加物 −ま行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。