2009年03月31日

ビオチンとは

ビオチンは、脂肪酸の生合成や糖の新生に際してカルボキシル化に関与する酵素の働きを助ける作用があり、補酵素Rと呼ばれています。また、ビタミンB群の一つとしても数えられており、ビタミンHとも呼ばれています。

普通の食生活であれば欠乏する恐れはないとされていますが、欠乏症としては、結膜炎、皮膚の剥離、筋肉痛や疲労感などが知られています。

保険機能食品において、「皮膚や粘膜の健康を助ける栄養素」と表示することが認められています。
posted by valin at 20:07| Comment(0) | 食品添加物 −は行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。