2009年03月30日

発酵調味料とは

発酵調味料は、アルコールと米やぶどう果汁などの糖質の原料にして発酵させたものであり、酒類として扱われる「みりん」ほどにはアルコールを多く含まず、発酵性の香気を持つ成分と、アミノ酸類やペプチド類を多く含んでいる風味のある発酵液です。

このために、風味やうま味を向上させる調味の目的で、魚肉ねり製品などに使われています。

類似のものに「みりん風調味料」などと呼ばれる発酵系の調味料もあります。
posted by valin at 20:35| Comment(0) | 食品添加物 −は行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。