2009年03月06日

用途名併記とは

食品の食品添加物を表示する主たる目的は、消費者が食品を選択する場合の情報の提供です。そこで重要な情報と考えられる次の8種(「甘味料」、「着色料」、「保存料」、「増粘剤、安定剤、ゲル化剤または糊料」、「酸化防止剤」、「発色剤」、「漂白剤」、「防かび剤または防ばい剤」)の用途に使用した食品添加物は、「着色料(クチナシ、アントシアニン)」のように、用途名を併記すると決められています。

なおウコン色素のように、「色」の文字を含む物質名を表示したときは用途名「着色料」を、増粘安定剤と表示した時は用途名の「増粘剤」の併記を省略することができます。
posted by valin at 10:49| Comment(1) | 食品添加物 −や行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>増粘安定剤と表示した時は用途名の「増粘剤」の併記を省略することができます。

×増粘安定剤→○増粘多糖類
Posted by *** at 2011年03月09日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。