2009年02月11日

GRAS物質とは

GRASとは、Generally Recognized as Safeの略です。

1958年の米国の連邦食品・医薬品・化粧品法(Federal Food,Drug and Cosmetic Act)によって食品添加物の規制が変わり、当時使われていた食品関連物質のうちFDAの審査を受けることなく使用が認められた物質があります。これらは、動物実験などによる十分な毒性データがないものの、長年の食経験や科学的な知見などを総合して評価した場合に、食品添加物としての使用に際立ったリスクがないとみなされた物質がこれに該当します。いわゆる、「一般に安全と見られる(GRAS)物質」です。このGRAS物質はCFRのタイトル21(=21CFR)の§182に収載されており、この法律によりその安全性は米国政府が確認することとされています。確認されたものは、21CFRの§184に再収載されます。

食品添加物の規格の面からみると、§182に収載されているものは、規格に関する記述がなく、§184に収載された確認GRAS物質は、FCC規格によると規定されているものが一般的です。
posted by valin at 14:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。