2009年01月22日

野菜色素とは

原材料表示を見ていると、野菜色素と表示されていることがあります。様々な野菜が存在するなかで、全ての野菜を野菜色素と表示できるのでしょうか。その辺りについて説明したいと思います。

野菜色素は、赤キャベツ(紫キャベツ)、赤ダイコン、シソ(赤シソ)、タマネギ、チコリ、トマト、ビートレッド、ムラサキイモ、ムラサキヤマイモの8種の野菜から取り出される色素を含む類別名です。このうち、タマネギ色素、ビートレッド、ムラサキイモ色素、ムラサキヤマイモ色素は、既存添加物であり、その他は通常食品です。通常食品には、「野菜ジュース」もリスト化されています。しかし、通常は食品として使用されており、着色の目的で使用されることは極めて稀です。

色素の呈する色は、それぞれの野菜に特有のものです。
着色の目的で使用する場合は、対象食品などを規制する使用基準に沿って使用し、表示の基準に従って表示する必要があります。
posted by valin at 22:17| Comment(0) | 食品添加物 −や行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。