2008年09月09日

防カビ剤 イマザリル

防カビ剤は微生物が繁殖するのを制御する食品添加物として使用されています。特に輸入製品に関しては、生産されてから国内に輸送されてくるまでに時間がかかるため多く使用されています。その中でもイマザリルは特に柑橘類(みかんを除く)やバナナのなどで多く使用されており、これまでに使用基準オーバー(基準値(0.0050g/kg))が多く確認されています。

ADIは0〜0.03mg/kg体重であり、過剰摂取は腎臓肥大、肝臓肥大を起こすとされています。

最近ではポッカ株式会社のポッカレモンに含まれていたことでも話題になっています。

★ADI:一日摂取許容量(人が食品添加物を一生涯毎日摂取し続けても良い量)(過去ログ記述)
posted by valin at 01:13| Comment(0) | 食品添加物 −は行− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。