2010年05月26日

相対栄養成分表示(消費者庁より)

相対栄養成分表示とは、カロリーハーフなどのことです。
2010.5.12消費者庁より通知が出ました。

要約すると次のようなものです。

食品に、熱量や栄養成分値に関して、
@低減された旨の表示(「○○gオフ」、「○○%カット」など)
A強化された旨の表示(「○○%強化」、「○○gアップ」など)
といった相対表示を行う際には、栄養表示基準に従う必要があります。
例えば、熱量について低減された旨の表示をする場合には、
(1)当たり(清涼飲料水等にあっては、当たり)以上低減されなければならず、
(2)表示をするに当たっては、以下の事項を表示することとされています。
@比較対象食品を特定するために必要な事項
A低減された量又は割合
(詳しくは⇒http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin90.pdf
その一方で、「カロリーハーフ」や「カルシウム2倍」等を表示する際の栄養表示基準における取扱いが明確に整理されていなかったところです。
また、スティックタイプのコーヒーなど、1包装当たりの使用量が異なる食品を比較して相対表示された食品などについて、その表示が、
・当たりの比較によるものか
・1包装当たりの比較によるものか
明確ではないとのご意見がありました。

これらを踏まえ、相対表示に関する考え方をとりまとめ、平成22年5月12日、消費者庁食品表示課長から都道府県等衛生主管部(局)長宛に通知を発出しました。通知のポイントは以下のとおりです。
現在、「カロリーハーフ」等の表示をする商品であって、今回の通知に合致しないものについては、平成22年9月30日までに表示の適正化を行うよう指導をお願いしているところです。

ポイント@
熱量や栄養成分値に関して「ハーフ」、「2倍」、「1/4」等の表示がなされた場合、
基準に基づく相対表示に該当するものとし、当該食品100g(清涼飲料水等にあって
は、当該食品100ml とする。以下同じ。)当たりの当該栄養成分の量又は熱量が基準
に定める量を満たすとともに、基準に基づく表示を行わなければなりません。

例えば、『○○ドレッシング カロリーハーフ 当社△△ドレッシング比』の場合。
比較対象食品の△△ドレッシング1食分(20g)あたりの熱量は100kcal、○○ドレッシング1食分(20g)あたりの熱量は50kcalとすると‥。

考え方@;基準第10条第1項及び別表第6により、熱量の相対表示を行う場合、100g 当たり40kcal(清涼飲料水等にあっては100ml 当たり20kcal)以上低減されている必要がある。
考え方A;100gあたりの熱量は、
当該食品(○○ドレッシング):250kcal
比較対象食品(△△ドレッシング):500kcal
となり、低減された熱量が250kcalであり、基準第10条第1項及び別表第6に定める量を満たすことから、基準に基づく相対表示を行うことができる。

その上で、比較対象食品と熱量を比較すると、約1/2となっていることから、「カロリーハーフ」と表示することができる。

ポイントA
食品単位当たりの使用量が異なる食品を比較して相対表示を行う場合(この場合は、1杯分当たりと)、消費者への適切な情報提供の観点から、食品単位当たりの比較である旨(この場合、1杯当たりである旨)を表示することが望ましい。

例えば、『○○コーヒー(スティックタイプ) カロリーハーフ 当社△△コーヒー比』の場合。
比較対象食品の△△コーヒー(スティックタイプ)1杯分(16g)あたりの熱量は55kcal、○○コーヒー(スティックタイプ)1杯分(12g)あたりの熱量は27kcalとすると‥。

考え方@;基準第10条第1項及び別表第6により、熱量の相対表示を行う場合、100g 当たり40kcal(清涼飲料水等にあっては100ml 当たり20kcal)以上低減されている必要がある。
考え方A;100gあたりの熱量は、
当該食品(○○コーヒー):225kcal
比較対象食品(△△コーヒー):343kcal
となり、低減された熱量が118kcalであり、基準第10条第1項及び別表第6に定める量を満たすことから、基準に基づく相対表示を行うことができる。
考え方B;この際、1杯当たりの使用量が異なる食品を比較対象食品として相対表示を行うことから、当該相対表示の内容が、
・100g当たりの比較によるものか
・1杯当たりの比較によるものか
の2つが想定される。食品単位当たりで比較して相対表示を行う場合、消費者への適切な情報提供の観点から、食品単位当たりの比較である旨を表示することが望ましい。

posted by valin at 20:33| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。