2009年07月19日

アレルギー物質に由来する添加物

アレルギーを引き起こすとされる特定原材料等より製造された食品添加物を食品に使用した場合は、使用された特定原材料等が判別できるように「物質名(〜由来)」等と表示しなければならない。キャリーオーバー、加工助剤など、表示が免除されるものであっても、特定原材料7品目に由来するものについては、表示しなければならない。特定原材料に準ずるものとして通知により表示が奨励される18品目についても、可能な限り表示する。

・特定原材料(表示義務)7品目;卵、乳、小麦、そば、落花生、えび・かに
・特定原材料に準ずるもの(表示奨励)18品目;あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ

2009年07月08日

表示の省略

@栄養強化の目的で使用される添加物
A加工助剤
Bキャリーオーバー
のいずれかの場合は、表示を省略することができる。

@栄養強化の目的で使用される添加物
栄養強化の目的で使用されることが考えられる添加物の範囲は、表1の栄養強化欄に○印の表示があるもの並びに表2及び表4の用途欄に「強化剤」の記載があるものである。
ただし、栄養強化の目的が考えられる添加物であっても、栄養強化以外の目的で使用する場合は、物質名を表示しなければならない。
なお、調製粉乳及び個別に品表基が設けられた品目の一部については、栄養強化の目的で使用されるものであっても、他の食品添加物と同様に主要な混合物として表示しなければならない。

A加工助剤
加工助剤とは、食品の加工の際に添加されるものであって、次のいずれかに該当するものをいう。
ア. 当該食品の完成前に除去されるもの
イ. 当該食品の原材料に起因してその食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量を明らかに増加させるものでないこと
ウ. 当該食品中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該食品に及ぼさないもの

Bキャリーオーバー
キャリーオーバーとは、食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されない物であって、当該食品中には、当該物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないものをいう。原材料に由来する添加物については、それが主要原材料か否かにかかわらず、キャリーオーバーに該当する場合は、表示が免除される。

2009年07月06日

一括名による表示

@次の表の一括名欄に掲げる目的で使用される添加物にあっては、一括名をもって、物質名の表示に代えることができます。

『一括名;定義』の順に表記する。

イーストフード;パン、菓子等の製造工程で、イーストの栄養源等の目的で使用される添加物及びその製剤。

ガムベース;チューインガム用の基材として使用される添加物製剤。

かんすい;中華麺類の製造に用いられるアルカリ剤で、炭酸カリウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム及びリン酸類のカリウム又はナトリウム塩のうち1種以上を含む。

酵素;食品の製造又は加工の工程で、その有する触媒作用を目的として使用された、生活細胞によって生産された酵素類であって、最終食品においても失活せず、効果を有する添加物及びその製剤。

光沢剤;食品の製造又は加工の工程で、食品の保護及び表面に光沢を与える目的で使用される添加物及びその製剤。

香料(合成香料);食品の製造又は加工の工程で、香気を付与又は増強するため添加される添加物及びその製剤。

酸味料;食品の製造又は加工の工程で、酸味の付与又は増強による味覚の向上又は改善のために使用される添加物及びその製剤。

軟化剤;チューインガムを柔軟に保つために使用する添加物及びその製剤。

調味料;食品の製造又は加工の工程で、味の付与又は味質の調整等味覚の向上又は改善のために使用される添加物及びその製剤。ただし、もっぱら甘味の目的で使用される甘味料、酸味の目的で使用される酸味料を除く。

豆腐用凝固剤(凝固剤);大豆から調整した豆乳を豆腐様に凝固させる際に用いられる添加物及びその製剤。

苦味料;食品の製造又は加工の工程で、苦味の付与又は増強による味覚の向上又は改善のために使用される添加物及びその製剤。

乳化剤;食品に乳化、分散、浸透、洗浄、起泡、消泡、離型等の目的で使用される添加物及びその製剤。

pH調整剤;食品を適切なpH領域に保つ目的で使用される添加物及びその製剤。ただし、中華麺にかんすいの目的で使用される場合を除く。

膨張剤(膨脹剤、ベーキングパウダー、ふくらし粉);パン、菓子等の製造工程で添加し、ガスを発生して生地を膨張させ多孔性にするとともに食感を向上させる添加物及びその製剤。

A一括名を用いることができる添加物の範囲は、指定添加物にあっては、表1の一括名欄に記載のあるものであり、それ以外の添加物にあっては、次のとおりである。

『一括名;添加物の範囲』の順に表記する。

イーストフード;焼成カルシウムをイーストフードの目的で使用する場合

ガムベース;表2の用途欄に「ガムベース」と記載されている添加物をガムベースとして使用する場合

苦味料;表2及び表4の用途欄に「苦味料等」と記載されている添加物(香辛料抽出物を除く。)

酵素;表2の用途欄に「酵素」と記載された添加物

光沢剤;表2の用途欄に「光沢剤」と記載された添加物を光沢剤として使用する場合

香料;表3に掲げる添加物を香料として使用する場合

酸味料;表2の用途欄に「酸味料」として記載された添加物を酸味料として使用する場合

調味料;@アミノ酸=表2の用途欄に「調味料」と記載された無機塩を除く添加物を調味料として使用する場合
A無機塩=塩水湖水低塩化ナトリウム液、粗製海水塩化カリウム及びホエイソルトを調味料として使用する場合

豆腐用凝固剤;粗製海水塩化マグネシウムを豆腐用凝固剤として使用する場合

乳化剤;表2の用途欄に「乳化剤」と記載された添加物を乳化剤として使用する場合

pH調整剤;表2の用途欄に「pH調整剤」と記載された添加物をpH調整剤として使用する場合
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。